楽天モバイルの格安スマホ、速度や評判は?

楽天モバイルの料金と初期費用

楽天モバイルのご利用料金についてご紹介していきます。楽天モバイルのプランと現在のものとを対比させながら、月額料金がかなりお安くなることに、びっくりするでしょう。では、それでは楽天モバイルの料金プランについての説明に入っていきます。

月額費用

楽天モバイルの料金は、データ通信用SIMと音声通話もできるSIMの二種類があります。070/080/090から始まる電話番号が使用できるのは、音声通話SIMだけなので、今ご利用中の携帯電話と変わりなく使いたい方は、データ通信専用SIMではダメで音声通話機能付きSIMを選ぶ必要があるんです。通話SIMの月額プランは、低速使い放題プランで、1,250円、3.1GBプランで1,600円、5GBプランで2,150円、10GBプランで2,960円となっています。

データSIMの料金は、低速使い放題プランで、525円、3.1GBプランで900円、5GBプランで1,450円、10GBプランで2,260円となっています。

通信速度が200Kbpsと遅い回線を使い放題になるのがベーシックプランで、ベーシックプラン以外は、ドコモのLTEという225Mbpsの高速回線が使えるプランになります。楽天モバイルにかかる初期費用は端末代+3,240円です。

楽天モバイルの解約制限について

楽天モバイルの解約制限と違約金に関して、説明していきます。データSIMでは、「最低限これだけの期間は解約しないでくださいよ」という決まりは特にありません。自分のタイミングで解約でき、解約手数料は必要ありません。音声通話SIMは、最低でも12か月はご利用していただかなければなりません。一年以内に解約したい時には、9,800円の違約金がかかりますので、ご注意ください。大手キャリアでは、1年の縛り期間をすぎても何も意思表示しなければ、そのまま縛り期間が更新されてしまいますが、その点では、 13ヵ月経過した時点で違約金を支払う必要がなくなるので、その点は有難いことですね。

楽天格安スマホのチェックすべき項目

楽天モバイルは、楽天市場の格安スマホサービスで、docomo回線を利用したMVNOの一つです。格安スマホをうたっているだけあり、大手キャリアからMVNOに移行すれば、毎月の利用料金がグーンとお安くなることが期待できるでしょう。現在話題となっているのが、月々1250円で利用できるSIMサービスです。楽天モバイルはNTTドコモから回線を借りているので、気になる通話の音質・電波状況・そのほか回線に関する品質などは、全て、NTTドコモのスマホと変わらないため安心です。また、楽天モバイルのユーザーには見逃せない特典がありまして、それは、契約が続く限り楽天市場でのショッピング時にもらえるポイントが2倍になるのです。実に充実したサービスぶりですね。ということで、楽天モバイルの速度や口コミをまとめてご紹介していきます。楽天モバイルに関して、理解を深めて頂けるかと思います。

docomo回線網を使った格安スマホサービス

格安スマホサービス、楽天モバイルの回線は、ドコモの回線を使っています。ですので、通話の品質はNTTドコモと比べてもなんら変わりはありませんし、信頼できるサービスと電波状況の繋がりやすさには自信があります。ドコモのスマホなら、ほとんどの機種で楽天モバイルでそのまま使えちゃいます。それだけではなく、楽天モバイルから販売されているSIMフリースマートフォンの購入でも利用することができるのでおすすめです。ドコモのスマホが手元にあるなら、楽天モバイルでSIMカードだけを契約すれば、今までどおり使えますし、スマホを新しく用意する手間や面倒がなくもう一台契約したことになり便利に賢く利用できます。あまり知られていないながらもドコモとの提携により格安でありながらも信頼できる安定した環境を誇る楽天モバイル回線はお得です。

SIMフリースマホの種類が豊富で嬉しい

楽天モバイルで使用できるスマホを持っていない場合にはスマホ本体を新規で購入しなければなりません。楽天モバイルで購入できるスマホは、他のMVNOよりも豊富な種類の本体を取り揃えてありますので、選択の幅が広いことが特徴のひとつです。スマホの他にも大画面タブレットも取り揃えてくれているので使い方の選択肢も広がります。ただ、本体購入の際に気をつけることとして、スマートフォンやタブレットの支払いは,楽天カードでないと分割支払いできない,という点です。楽天カードを持っていないなら、スマートフォン本体代金の支払い方法は一括払いしかありません。しかし機種の選択肢が豊富であることは、楽天モバイルの大きな魅力です。

データ容量のくりこしに対応

プランに応じて、データ容量は異なりますが、実際にはあまり利用せず、データ使用量が残ってしまうという時もあると思います。この点、楽天モバイルなら、残ったデータ容量を翌月にプラスして使用する事ができます。MVNOの中には、データの次月持越しに対応していないものもあるため、楽天モバイルはこういった点においても、お得と言えます。残ったデータ容量を繰り越し事ができれば、サービスを余すところ無く利用できるので、支払う料金以上の価値があると思います。

通話料金がオトクな、楽天でんわ

楽天モバイルの「楽天でんわ」は通常の通話料金がなんと半額にもなるお得なサービスです。IP電話とは異なり、プレフィックス型と呼ばれるタイプの通話サービスで、発信者の電話番号がきちんと相手側に通知されます。通知される番号は、いつも使用している電話番号が相手に通知されます。ですので、電話に関して何の違和感もありません。IP電話を利用していると番号を通知して発信することができなかったり、050番号が通知されてしまったりしていたので 、正直、かなり使いづらいです。楽天でんわの使い勝手の良さがお分かり頂けたのではないでしょうか。更に「楽天でんわ」はただ通話するだけで、楽天ポイントとして貯まりますので、さらにお得なのです。つい最近、キャリアと同じようなかけ放題サービスも開始となりました。

5分かけ放題開始。

大手3キャリアは、通話し放題プランを用意していますが、MVNOの格安スマホでは、多くの場合、いままで通話かけ放題サービスを用意していませんでした。MVNOの格安スマホは気になりますが、電話を掛けることが多いので逆に高くなってしまいそうだと心配される方でも安心できるサービスです。そんな人におすすめなのが、楽天モバイルが新しく設定した月額850円で5分間の通話がタダでできるというプランです。この5分かけ放題オプションは、楽天でんわと同等の回線を利用する為、誰から電話がきたのかわかるようになっていますし、普段の電話と何らかわりなく電話し放題になるのが一番の強みです。NifMoでも同様に通話し放題のサービスが提供されていますが、発信者番号通知には対応しきれていないという評価をレビューブログで見ました。楽天でんわですと、1分21円の通話料ですから、1回5分以内で、月に43分以上の通話をする方には、この「5分かけ放題オプション」をおすすめします。

初月は無料

楽天モバイルのSIM契約を行うと、使用開始月の1ヶ月間は無料で利用できます。SIMカードが届くでしょ。その日が入ってる月の料金がただになるんです。ですから、SIMカードが手元にある日によっては、実質一ヶ月間無料でスマホを利用する事が可能になります。ただ、現在お使いの携帯料金の支払いや解約手数料もありますので、必ずしも月初に購入するのが良いというわけではありません。

通信速度に関して

楽天モバイルでは、ドコモの回線を使っていて、規格としては4Gです。速度に関しては、さすがはdocomo回線。安心の速度と言えそうです。安い料金でdocomoと同じスピード回線で利用できるので、楽天モバイルのいちばんの長所です。これから、MVNO・格安スマホと言ったサービスが更に広がっていきそうですね。

楽天モバイルの72時間制限

キャリアにしろ、MVNOにしろ、利用者の平等な利用環境のために、データ通信を多く利用した方に対しては、速度に制限を設けております。直近72時間のうちにどれだけデータ通信を利用したかによって、 予め決めれた容量を超えてしまったユーザーにたいして、読み込み速度が遅くなる低速モードになります。直近3日間のデータ通信量が、規定より下がれば自動的に制限は解除されます。通常使用の範囲を超えない限りは、速度制限にかかる心配は必要ありません。契約プランごとの規定容量 3.1GBプラン:540MB 5GBプラン:1GB 10GBプラン:1.7GB

【開催中のキャンペーン】