mineoの格安スマホ、速度や評判は?

mineoの特徴

「mineo(マイネオ)」とは(株)ケイ・オプティコムが提供する格安スマホ、SIMサービスのMVNOです。ドコモ・AU・Softbankといった大手キャリアからの乗り換えならば、月々の携帯代を大幅に節約することができます。キャリアからの乗り換えの場合、月額料金を1,310円まで下げる事が出来るので、各所で人気を博しているサービスです。mineoは国内初のマルチキャリアMVNOとして、現在提供している回線は、docomoとAUの回線プランをラインナップしています。通話エリアや音質はdocomoやAUと一緒ですので、どこのエリアでも安心して使えます。これからmineoへのMNPを検討中の方の為に、mineoがなぜ話題なのかをまとめたレポートになります。mineoの長所・短所交えながら、ご紹介します。

docomoとdocomo・AUネットワークを使ったお得なスマホ

マルチキャリアのmineoは、docomo回線とAU回線を利用した格安スマホサービスです。大手キャリアと同等の高品質で安定した通話ができますし、サービスエリアもまったく変わりありません。docomoかauで契約していたスマホならそのまま利用する事が出来るので、docomoやAUを使っている人ならば、新たにスマホを買う必要はありません。スマートフォンの買い替えしなくて済む事は、ユーザーにとってはかなりお得です。無論、mineoでセットで売られている格安スマホを買って利用することもできます。安心できるキャリア回線を安く使うことが出来ますし、docomo、AUのどちらの回線を利用するかを契約時に選択することができます。お選びになるプランによっては料金が違ってきますので、それらの点に注意しながら比較検討することをおススメします。

VoLTE(ボルテ)プランも用意

VoLTE対応プランを取り入れたことで、注目を浴びているのがmineoです。VoLTEとは今まで以上に相手の通話が聞こえやすく改善されている、最新通話技術のことです。今までは、300Hz~3.4kHzの音声のみしか対応できませんでした。しかし、VoLTEの技術によって音域を50Hz~7kHzまで拡大させることができました。従来のものより圧倒的に、高音質で通話が可能になったのです。VoLTE対応という魅力に惹かれて、mineoを選ぶ人もいるほどです。

データ量くりこしに対応している

なお、mineoについては、余った通信容量の翌月繰越しが可能なため、毎月データ使用量が変わる人でも、通信料金を気にせず利用できる便利なシステムとなっていますね。

mineoスイッチの活用で、通信量節約

mineoスイッチが備わっているmineoは、これは回線を高速(最大150Mbps)と低速(最大200Kbps)を自由に切り替えて使うことができる機能です。この機能を使えば無駄にデータを消費してしまうのを防ぐことができるので非常に便利です。mineoスイッチを上手にWi-Fiと併用すれば、契約するデータプランも安いものを選ぶことが可能です。携帯の料金を安く済ませたいあなたに、mineoは欠かせないツールとして役立ってくれるでしょう。

mineoの通信スピードに関して

mineoのデータの通信速度を、ご紹介しましょう。docomoの回線を利用するプランでは、最大速度が225Mbpsであり、AプランでもAUのLTE回線と同じ、最大225Mbpsの速度がでます。ネット上の比較サイトや通信系の媒体でもよく紹介されていますが、やはり回線の混み合う時間帯においては、キャリア契約の回線より通信速度が良いものはなかなかないでしょう。キャリア契約の回線のような高速通信が必要な場合は、キャリア契約期間をされた方がいいとおもいます。月額の使用料金がかなりお得なので、どう考えてもこうしたmineoなどの質の良い格安スマホサービスに乗り換えるのが賢い選択だと思っています。

mineo Aプランの72時間制限について

mineoでは、誰もが同じように使用できるよう、逸脱した量のデータ通信を行ったユーザーに対して、データ速度の制限を行います。どのように算出するかというと、直近3日間に利用したデータ通信の量で計算され、予め決められたデータ通信の容量を超えたユーザーに対して、速度を低下させた状態で通信を行わせる仕組みになっています。ここ3日間でのデータ使用量が一定の値を下回れば、通信制限は解除されます。動画を大量に観るなどしなければ、あまりひっかかることはないですね。mineoでは、料金プランによる規定値は決められておらず、Aプランは、すべてのプランで、直近3日間で1GBが規定値となっています。

マイネオ docomo回線プラン3日間制限0

格安スマホmineoのドコモ回線を利用する契約、Dプランでは、直近3日間の通信量による、3日制限はありません。日によって通信量が大きく変わるユーザーは、AUの回線を使うプランよりも、このドコモ回線のDプランの方が、3日制限について気にする必要なく使用することができます。その辺りも考慮されて、どちらのプランが良いか検討されるのが良いです。

mineo料金と初期費用

mineoの料金プランや速度について、解説していきます。現在契約中のスマホの料金と照らし合わせながら、月々の利用額がどれくらい安くなるのか、読んでみて、あなたの考えをまとめる手がかりとして下さい。どれぐらい節約できるのか、月額費用と初期費用をチェックしてみましょう。

mineoの月額プラン

mineoのプランは、データ通信だけのSIMと、音声通話ができるSIMとでは、料金に違いがあります。070/080/090といったナンバーが音声通話SIMで使用可能なので今使っているスマホと同じような使い方をしたい場合は、音声通話専用のSIMを選ばなければいけませんので注意が必要です。通話SIMの月額プランは、Aプラン(AU回線)が500MB:1,310円、1GB:1,410円、3GB:1,510円、5GB:2,190円、10GB:3,130円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MB:1,400円、1GB:1,500円、3GB:1,600円、5GB:2,280円、10GB:3,220円となっています。

データSIMの料金プランは、Aプラン(AU回線)が500MBで700円、1GBで800円、3GBで900円、5GBで1,580円、10GBで2,520円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MBで700円、1GBで800円、3GBで900円、5GBで1,580円、10GBで2,520円となっています。

mineoの解約手数料について

mineoの解約縛りと解約手数料、契約する前に、把握しておいてください。mineoは契約しているプランに最低利用期間を設定していない特色があるので、解約時に手数料がかからないという点があります。契約期間を気にせずに格安SIMを利用できる点で、大きな魅力を持つMVNOでしょう。ですが契約後1年以内のMNP転出に関しては、12420円の手数料が掛かります。mineoと契約する場合、その点は注意が必要です。

【今月のキャンペーン】