楽天モバイルの格安スマホ、速度や評判は?

楽天モバイルの料金と初期費用

楽天モバイルのご利用料金についてご紹介していきます。楽天モバイルのプランと現在のものとを対比させながら、月額料金がかなりお安くなることに、びっくりするでしょう。では、それでは楽天モバイルの料金プランについての説明に入っていきます。

月額費用

楽天モバイルの料金は、データ通信用SIMと音声通話もできるSIMの二種類があります。070/080/090から始まる電話番号が使用できるのは、音声通話SIMだけなので、今ご利用中の携帯電話と変わりなく使いたい方は、データ通信専用SIMではダメで音声通話機能付きSIMを選ぶ必要があるんです。通話SIMの月額プランは、低速使い放題プランで、1,250円、3.1GBプランで1,600円、5GBプランで2,150円、10GBプランで2,960円となっています。

データSIMの料金は、低速使い放題プランで、525円、3.1GBプランで900円、5GBプランで1,450円、10GBプランで2,260円となっています。

通信速度が200Kbpsと遅い回線を使い放題になるのがベーシックプランで、ベーシックプラン以外は、ドコモのLTEという225Mbpsの高速回線が使えるプランになります。楽天モバイルにかかる初期費用は端末代+3,240円です。

楽天モバイルの解約制限について

楽天モバイルの解約制限と違約金に関して、説明していきます。データSIMでは、「最低限これだけの期間は解約しないでくださいよ」という決まりは特にありません。自分のタイミングで解約でき、解約手数料は必要ありません。音声通話SIMは、最低でも12か月はご利用していただかなければなりません。一年以内に解約したい時には、9,800円の違約金がかかりますので、ご注意ください。大手キャリアでは、1年の縛り期間をすぎても何も意思表示しなければ、そのまま縛り期間が更新されてしまいますが、その点では、 13ヵ月経過した時点で違約金を支払う必要がなくなるので、その点は有難いことですね。

楽天格安スマホのチェックすべき項目

楽天モバイルは、楽天市場の格安スマホサービスで、docomo回線を利用したMVNOの一つです。格安スマホをうたっているだけあり、大手キャリアからMVNOに移行すれば、毎月の利用料金がグーンとお安くなることが期待できるでしょう。現在話題となっているのが、月々1250円で利用できるSIMサービスです。楽天モバイルはNTTドコモから回線を借りているので、気になる通話の音質・電波状況・そのほか回線に関する品質などは、全て、NTTドコモのスマホと変わらないため安心です。また、楽天モバイルのユーザーには見逃せない特典がありまして、それは、契約が続く限り楽天市場でのショッピング時にもらえるポイントが2倍になるのです。実に充実したサービスぶりですね。ということで、楽天モバイルの速度や口コミをまとめてご紹介していきます。楽天モバイルに関して、理解を深めて頂けるかと思います。

docomo回線網を使った格安スマホサービス

格安スマホサービス、楽天モバイルの回線は、ドコモの回線を使っています。ですので、通話の品質はNTTドコモと比べてもなんら変わりはありませんし、信頼できるサービスと電波状況の繋がりやすさには自信があります。ドコモのスマホなら、ほとんどの機種で楽天モバイルでそのまま使えちゃいます。それだけではなく、楽天モバイルから販売されているSIMフリースマートフォンの購入でも利用することができるのでおすすめです。ドコモのスマホが手元にあるなら、楽天モバイルでSIMカードだけを契約すれば、今までどおり使えますし、スマホを新しく用意する手間や面倒がなくもう一台契約したことになり便利に賢く利用できます。あまり知られていないながらもドコモとの提携により格安でありながらも信頼できる安定した環境を誇る楽天モバイル回線はお得です。

SIMフリースマホの種類が豊富で嬉しい

楽天モバイルで使用できるスマホを持っていない場合にはスマホ本体を新規で購入しなければなりません。楽天モバイルで購入できるスマホは、他のMVNOよりも豊富な種類の本体を取り揃えてありますので、選択の幅が広いことが特徴のひとつです。スマホの他にも大画面タブレットも取り揃えてくれているので使い方の選択肢も広がります。ただ、本体購入の際に気をつけることとして、スマートフォンやタブレットの支払いは,楽天カードでないと分割支払いできない,という点です。楽天カードを持っていないなら、スマートフォン本体代金の支払い方法は一括払いしかありません。しかし機種の選択肢が豊富であることは、楽天モバイルの大きな魅力です。

データ容量のくりこしに対応

プランに応じて、データ容量は異なりますが、実際にはあまり利用せず、データ使用量が残ってしまうという時もあると思います。この点、楽天モバイルなら、残ったデータ容量を翌月にプラスして使用する事ができます。MVNOの中には、データの次月持越しに対応していないものもあるため、楽天モバイルはこういった点においても、お得と言えます。残ったデータ容量を繰り越し事ができれば、サービスを余すところ無く利用できるので、支払う料金以上の価値があると思います。

通話料金がオトクな、楽天でんわ

楽天モバイルの「楽天でんわ」は通常の通話料金がなんと半額にもなるお得なサービスです。IP電話とは異なり、プレフィックス型と呼ばれるタイプの通話サービスで、発信者の電話番号がきちんと相手側に通知されます。通知される番号は、いつも使用している電話番号が相手に通知されます。ですので、電話に関して何の違和感もありません。IP電話を利用していると番号を通知して発信することができなかったり、050番号が通知されてしまったりしていたので 、正直、かなり使いづらいです。楽天でんわの使い勝手の良さがお分かり頂けたのではないでしょうか。更に「楽天でんわ」はただ通話するだけで、楽天ポイントとして貯まりますので、さらにお得なのです。つい最近、キャリアと同じようなかけ放題サービスも開始となりました。

5分かけ放題開始。

大手3キャリアは、通話し放題プランを用意していますが、MVNOの格安スマホでは、多くの場合、いままで通話かけ放題サービスを用意していませんでした。MVNOの格安スマホは気になりますが、電話を掛けることが多いので逆に高くなってしまいそうだと心配される方でも安心できるサービスです。そんな人におすすめなのが、楽天モバイルが新しく設定した月額850円で5分間の通話がタダでできるというプランです。この5分かけ放題オプションは、楽天でんわと同等の回線を利用する為、誰から電話がきたのかわかるようになっていますし、普段の電話と何らかわりなく電話し放題になるのが一番の強みです。NifMoでも同様に通話し放題のサービスが提供されていますが、発信者番号通知には対応しきれていないという評価をレビューブログで見ました。楽天でんわですと、1分21円の通話料ですから、1回5分以内で、月に43分以上の通話をする方には、この「5分かけ放題オプション」をおすすめします。

初月は無料

楽天モバイルのSIM契約を行うと、使用開始月の1ヶ月間は無料で利用できます。SIMカードが届くでしょ。その日が入ってる月の料金がただになるんです。ですから、SIMカードが手元にある日によっては、実質一ヶ月間無料でスマホを利用する事が可能になります。ただ、現在お使いの携帯料金の支払いや解約手数料もありますので、必ずしも月初に購入するのが良いというわけではありません。

通信速度に関して

楽天モバイルでは、ドコモの回線を使っていて、規格としては4Gです。速度に関しては、さすがはdocomo回線。安心の速度と言えそうです。安い料金でdocomoと同じスピード回線で利用できるので、楽天モバイルのいちばんの長所です。これから、MVNO・格安スマホと言ったサービスが更に広がっていきそうですね。

楽天モバイルの72時間制限

キャリアにしろ、MVNOにしろ、利用者の平等な利用環境のために、データ通信を多く利用した方に対しては、速度に制限を設けております。直近72時間のうちにどれだけデータ通信を利用したかによって、 予め決めれた容量を超えてしまったユーザーにたいして、読み込み速度が遅くなる低速モードになります。直近3日間のデータ通信量が、規定より下がれば自動的に制限は解除されます。通常使用の範囲を超えない限りは、速度制限にかかる心配は必要ありません。契約プランごとの規定容量 3.1GBプラン:540MB 5GBプラン:1GB 10GBプラン:1.7GB

【開催中のキャンペーン】

UQモバイルの格安スマホ、速度や評判は?

UQモバイル月額と解約

月々の料金や通信速度など、UQモバイルの概要について説明します。あなたの現在の電話代とどれくらい違うかを比べながら、UQモバイルに変えると、どのくらい通信料金を削減できるのか、目安にしてみると検討しやすいでしょう。 料金プランの詳細をチェックしていきましょう。

UQモバイルの月額プランと初期費用

UQモバイルの料金プランに関しては、SIMにはデータ専用と音声通話付きの二通りがあり、それぞれ料金が別になっています。070/080/090といったナンバーが音声通話SIMで使用可能なのでデータ通信だけでなく普通の携帯として「声」での「通話」がしたいときには、データ専用SIMを選択しないようにご注意ください。音声SIMの月額プランは、データ無制限+音声通話プランで2,680円、データ高速3GBプランで1,680円となっています。

データ専用SIMの料金は、データ無制限プランで1,980円、データ高速3GBプランで980円です。

UQモバイルの最低利用期間について

UQモバイルの解約縛りと解約違約金について、ご紹介していきます。データSIMについては、必ず利用しなければいけない期間は決められていません。契約したものの短期間で契約解除するような事になっても、解約手数料が掛かりませんので安心です。音声通話SIMをご利用の際には、最低でも12か月利用していただかなければなりません。仮に、決められた期間内に解約しようと思うと、違約金として9,500円を支払わなければなりません。大手のキャリアですと、黙っていると契約期間の縛りが勝手に更新されていきますが、こちらは後発だけに、13か月以ご利用になれば、その後はいつ解約しても違約金は発生致しません。

UQモバイル評判

UQモバイルといえばコレ、通信速度の速さが大きな魅力の一つです。その良さをネットや口コミなどで高評価する声も多く、料金プランの数が他社に比べると少なかったり、また、月額料金が他のMVNOより若干高くなってしまいます。トータルで考えると、MVNOの中では大変使いやすい、優良な格安SIMです。格安スマートフォンを選ぶ際の、大きな指標になりますね。

UQモバイル最大の強みである実効速度

UQモバイルの一番の利点は、MVNOの中で他の追随を許さないハイスピード通信が可能なことでしょう。複数のMVNOと契約して利用していますが、その中でもUQモバイルは、高速で快適な通信が可能なため、主に使用する携帯電話はUQモバイルを使っています。格安SIMを使いたい人に、「どのMVNOならば高速だろうか?」と尋ねられたら、UQモバイルの名を真っ先にあげます。料金的なことを考えると、他社より少し割高な気もしますが、ハイスピードで快適な利用ができることを考えれば、なかなか悪くないと思います。

回線速度

たくさんあるMVNOの中でも、UQモバイルは、速度が早く安定した通信ができるので、非常に人気があります。格安SIMアワード2015でも結果が出たように、通信速度部門第一位を獲得したのがUQモバイルです。サクっと通信したい皆様に、UQモバイルを選択することが最良だと思います。今後、MVNOや格安スマホがさらに多様なサービスとともに展開していくでしょう。

UQモバイルの3日制限について

どのMVNOにおいても一緒ですが、契約者が公平で快適な通信が行えるように、通信データを使いすぎるユーザーには、通信速度の制限を設けております。最近3日間で使用したデータ量に応じて換算され、定められた容量をオーバーしたユーザーに向かって、読み込み速度が遅くなる低速モードになります。この三日間の通信量がが定められた値を越えなければ、速度制限はなくなります。通常使用している一般的な使用量であれば、あまり適用される事のない処置ですので、気にする必要は無いと思います。UQモバイルでは、各料金プランごとの規定値は決められておらず、各プラン共通で1GB/3日が規定値になっています。

UQモバイルの特色まとめ

UQモバイルとは格安SIM・格安スマートフォンを扱うサービスで、AUの回線を利用しています。docomo・AU・Softbankなどからの乗り換えであれば、月々のスマホ代がかなり安くなることも期待出来る格安スマホです。その中でも月額1,680円で利用出来るサービスが話題を集めています。AUの回線を使っているのも一つの特徴となっていて、通話可能エリアや品質がAUと同じだという安心感もあります。さらに、UQモバイルでは、テザリングが無料で使える点も魅力です。UQモバイルって何?という方の為にも、UQモバイルの評判から最新キャンペーン情報までまとめたレポートです。UQモバイルに関して、理解を深めて頂けるかと思います。

AU同エリアの激安なスマホ

UQコミュニケーションズでは、AUの回線を利用している「UQモバイル」を提供しています。そのため気になる通話品質はAUと変わりませんし、対応するエリアの範囲は広いので、つながりやすさはピカイチです。AUのスマホであれば、新たに機種を購入することなくUQモバイルでも使えます。UQモバイルで販売されているSIMフリースマホをセットで購入するのも、もちろんOKです。既にAUのスマホをお持ちのかたならば、SIMカードの契約だけでUQモバイルが使えるようになりますので、また高い本体代を支払って、スマホを購入しなくても良いというのは嬉しいですね。AU回線を利用するので安心ですし、格安でスマホを利用できるサービスなのです。

VoLTE(ボルテ)対応!

UQモバイルはVoLET対応のプランがあるということで注目を集めています。VoLTEは、今までの音声通話に比べて音質がかなりよくなっており、 最も新しい通話スタイルのことです。従来の音声通話では、人間が認識可能な周波数のうち300Hz~3.4kHzまでの範囲しか拾うことができませんでした。VoLTEだと50Hzから7kHzですから、その違いは歴然です。従来の音声電話よりも、高音質な通話が可能になりました。VoLTEに対応したことにより、UQモバイルの魅力が更にアップしました。

データ量繰り越しOK

UQモバイルについては、データ使用量を翌月に繰り越せるので、データ通信量が月によって大きく増減があり一定しない方でも 、通信料金を気にせず利用できる便利なシステムとなっていますね。UQモバイルのサービスの中には、『ターボ機能』というサービスが用意されており、高速や低速の二種類の通信速度を変更することができます。ターボ機能を使うと、パケット使用量の無駄遣いを抑えてくれるので、非常に助かる機能だと言えます。

【今月開催中のキャンペーン】

U-mobileの格安スマホ、速度や評判は?

Umobile評価

Umobileの1番良い点は、LTEを通信や容量の制限を気にせずに利用できるプランにあるといえます。大手キャリアであるドコモの高速LTE回線が、使い放題なのは他ではお目にかかることはない珍しいプランです。他社から乗り換えてこのプランを利用すれば、毎月の携帯料金をかなり抑えられる可能性が高くなります。

通話プラン限定、毎月もらえるU-NEXTポイント

契約者数100万人を突破した、動画配信サービスU-NEXTにおいて使うことができる、U-NEXTポイントが毎月付与される特典があります。 LTE使い放題2プランでは、毎月400ポイントですが、その他のプランは毎月600ポイントも貰うことができます。「U-NEXT」では動画1作品の値段が300円ほどなので、映画やアニメなどの動画を2本無料で視聴することができます。話題の洋画や名作邦画といった映画から、国内外の人気ドラマ、見逃してしまったアニメやバラエティといったTV番組など、動画のラインナップが豊富です。Umobileの利用料が月額1500円~3000円ほどなのに対して、400~600ポイントもポイント還元されるというのは、中々の太っ腹特典だと思います。

Umobileの特色

MVNOの中に、Umobileがありますが、動画配信サイトである「U-NEXT」の運営会社と同じ、株式会社U-NEXTという会社が運営を行っています。株式会社U-NEXTは2015年東証一部に上場していて、上場した事で更に信頼と安心感が増し、新興企業ながら、すでに代表的なMVNOの一つに数えられる存在になっています。MVNOではあまり扱っていない高速のLTE回線の使い放題プランがあるのもU-mobileの特徴です。格安に高速回線を使い放題したい方は、Umobileがおすすめです。さて、それでは、早速、Umobileのおトクキャンペーン情報から、料金プランの詳細解説まで、お楽しみ頂ければと思います。

docomoエリア対応の格安SIMサービス

Umobileはdocomoの回線を使用しています。その結果、通信品質はご安心いただくことができ、
サービスエリアもdocomoと同様の広範囲エリアで利用できる為、繋がりやすさは抜群です。Umobileで使うことの出来るスマホは、docomoから提供されている機種であればほぼ使用することが可能です。もちろんUmobileでもスマホ本体も販売しているのでSIMと本体、両方セットで購入することだってできます。ドコモの端末をそのまま使用して、SIMカードのみを契約するプランもありますので、また新たに機種を購入する必要もありません。docomoの信頼感や広範囲の通話環境などを考えて安心して、格安契約できるということでお得な情報ですよね。

LTE使い放題プランがある

「LTE無制限」これはUmobileが展開する格安スマホとしては珍しいプランがあり、他社にはほとんどないプランであることから、これがUmobileが格安スマホ業界で人気になった一因でもあります。通信のリミットを気にせずに高速通信を実現したい人には、通信制限をまったく無視して利用が可能なので、理想的なプランだといえます。LTE使い放題プランの料金は月額2,730円から設定されており、U-NEXTポイントが毎月400ポイント付与される特典もあります。この3000円いう金額がどれほど破格かは、大手キャリアと比較すれば、すぐ分かると思います。一月当たりの通信量が多い利用者には、非常にお得な料金設定になっていると言えます。スマホで動画やインターネットの利用が多い人には、Umobileはお勧めです。このLTE使い放題プランをより詳しく知りたい方は、Umobile公式サイトからチェックすることができるので、ぜひ確認してみてください。

オンラインで即日MNPもできる!

Umobileは、即日MNPにも対応しており、今までの番号を使い続けるのも簡単です。「MNP届け出方式」と呼ばれるやり方をとっているため、店舗での手続きをすることなくオンラインの手続きだけで、不通期間なしでMNPが可能となっております。以前は、即日MNPの切り替えを希望する場合、店頭にて手続きをする必要がありましたが、これからは思い立った時に場所も選ばずに、即日MNPの手続きが可能となります。不通期間ができるのが足枷となって、乗り換えをしたいけど迷っていた方も、これで安心して乗り換えができるようになりますね。インターネット上での手続きはとても簡単で、手元にSIMカードが届いたら、Umobileの会員専用ページを開いて回線切り替えボタンを押すだけです。今まで乗り換えは手間がとお考えの方もこの機会にご検討下さい。”

U-NEXTの格安SIMの料金プランと解約

Umobileの料金や、プラン等の解説を行っていきます。現在お使いのキャリアの月々の料金と比べてみたときに、いったいどれだけ安くなるんだろうかってことを、確認してみるとよいでしょう。ということで、月額プランの詳細を見てみましょう。

Umobileの月額プランと初期費用

Umobileの料金プランは、データ通信専用SIMと音声通話付きSIMで分かれています。通話SIMには070/080/090番号が使えるというメリットがあるので、普通の携帯電話としても使いたいときには、データ送信のみのSIMではなく、データ送信も通話も出来るSIMを選択してください。音声SIMの料金プランは、3GBプランで、1,580円、5GBプランで1,980円、LTE使い放題プランで2,980円、LTE使い放題プラン2で2,730円となっています。

データSIMの月額費用は、1GBプラン:790円、5GBプラン:1,480円、LTE使い放題プラン:2,480円です。

一月あたりの料金がLTE使い放題プランより、1月のスマホ月額料金が250円お得になる料金プランです。

Umobileの解約縛り

Umobileの解約縛りに関して、解説していきます。UmobileのデータSIMにおいては、ここまで利用しなければならないという期間に決まりはありません。解約手数料は、解約時期に関係なく一切かからないということは非常に魅力的ですね。一方で、音声通話SIMについては、最低利用期間『6ヶ月間』が設定されています。もし、6ヶ月以内に解約をする場合、違約金として6,000円が掛かる事になりますので、利用期間も十分考慮する必要がありそうです。キャリア会社のように利用期間毎に自動更新されないので、7か月以ご利用になれば、その後はいつ解約しても違約金は発生致しません。

「LTE使い放題2」プランの最低利用期間について

Umobileでは、LTE使い放題2プランのみ、他のプランと異なる特別な注意事項として、解約制限も他の契約プラントは異なる設定になっています。契約後6ヶ月以内に解約の手続きをとった場合、9500えんの違約金をお支払い頂くことに7か月~12か月の期間内に契約を解除されると、解約の際に3,500円お支払いただくことになります。またプランを変更した時も手数料が生じる事になります。利用スタート月から11ヶ月以内にプラン変更の手続きを行った場合は、3,500円を支払う事になるのです。他のプランとは解約金や利用期間に関するルールが色々異なるのは、理解をしておいて下さい一見デメリットのように見えますが、その分、月額費用が毎月250円割引となるプランですので、最低でも1年以上使うことを前提としている方々にとっては、通信料を気にせず格安のLTE使い放題2プランは相当のお勧めプランです。

Umobile速度

昨今、数多あるMVNOサービスにおいてUmobileは、docomoと同じLTE回線を利用した格安スマホのサービスです。docomoと同じLTE回線なので、広範囲で安定して使える安心できるサービスです。

Umobileの3日間制限について

キャリアもMVNOもそうですが、契約している全ての方々が快適な通信が利用できるよう、データ通信を使いすぎている利用者に速度制限をしています。現時点までの3日間で使用したデータ通信量を計測し、決められた容量を超過したユーザーに対して、速度制限措置が取られます。200Kbpsの速さとなります。利用日の直前3日間のデータ通信の使用量が決められた容量を下回れば、自動的に速度制限の処置は解除されます。よほど集中して熱心に使わないかぎり、この制限をうけることはほとんどないかと思います。Umobileにおいて、直近3日間の制限対象となる通信量は公表されていません。

【現在開催中のキャンペーン】

mineoの格安スマホ、速度や評判は?

mineoの特徴

「mineo(マイネオ)」とは(株)ケイ・オプティコムが提供する格安スマホ、SIMサービスのMVNOです。ドコモ・AU・Softbankといった大手キャリアからの乗り換えならば、月々の携帯代を大幅に節約することができます。キャリアからの乗り換えの場合、月額料金を1,310円まで下げる事が出来るので、各所で人気を博しているサービスです。mineoは国内初のマルチキャリアMVNOとして、現在提供している回線は、docomoとAUの回線プランをラインナップしています。通話エリアや音質はdocomoやAUと一緒ですので、どこのエリアでも安心して使えます。これからmineoへのMNPを検討中の方の為に、mineoがなぜ話題なのかをまとめたレポートになります。mineoの長所・短所交えながら、ご紹介します。

docomoとdocomo・AUネットワークを使ったお得なスマホ

マルチキャリアのmineoは、docomo回線とAU回線を利用した格安スマホサービスです。大手キャリアと同等の高品質で安定した通話ができますし、サービスエリアもまったく変わりありません。docomoかauで契約していたスマホならそのまま利用する事が出来るので、docomoやAUを使っている人ならば、新たにスマホを買う必要はありません。スマートフォンの買い替えしなくて済む事は、ユーザーにとってはかなりお得です。無論、mineoでセットで売られている格安スマホを買って利用することもできます。安心できるキャリア回線を安く使うことが出来ますし、docomo、AUのどちらの回線を利用するかを契約時に選択することができます。お選びになるプランによっては料金が違ってきますので、それらの点に注意しながら比較検討することをおススメします。

VoLTE(ボルテ)プランも用意

VoLTE対応プランを取り入れたことで、注目を浴びているのがmineoです。VoLTEとは今まで以上に相手の通話が聞こえやすく改善されている、最新通話技術のことです。今までは、300Hz~3.4kHzの音声のみしか対応できませんでした。しかし、VoLTEの技術によって音域を50Hz~7kHzまで拡大させることができました。従来のものより圧倒的に、高音質で通話が可能になったのです。VoLTE対応という魅力に惹かれて、mineoを選ぶ人もいるほどです。

データ量くりこしに対応している

なお、mineoについては、余った通信容量の翌月繰越しが可能なため、毎月データ使用量が変わる人でも、通信料金を気にせず利用できる便利なシステムとなっていますね。

mineoスイッチの活用で、通信量節約

mineoスイッチが備わっているmineoは、これは回線を高速(最大150Mbps)と低速(最大200Kbps)を自由に切り替えて使うことができる機能です。この機能を使えば無駄にデータを消費してしまうのを防ぐことができるので非常に便利です。mineoスイッチを上手にWi-Fiと併用すれば、契約するデータプランも安いものを選ぶことが可能です。携帯の料金を安く済ませたいあなたに、mineoは欠かせないツールとして役立ってくれるでしょう。

mineoの通信スピードに関して

mineoのデータの通信速度を、ご紹介しましょう。docomoの回線を利用するプランでは、最大速度が225Mbpsであり、AプランでもAUのLTE回線と同じ、最大225Mbpsの速度がでます。ネット上の比較サイトや通信系の媒体でもよく紹介されていますが、やはり回線の混み合う時間帯においては、キャリア契約の回線より通信速度が良いものはなかなかないでしょう。キャリア契約の回線のような高速通信が必要な場合は、キャリア契約期間をされた方がいいとおもいます。月額の使用料金がかなりお得なので、どう考えてもこうしたmineoなどの質の良い格安スマホサービスに乗り換えるのが賢い選択だと思っています。

mineo Aプランの72時間制限について

mineoでは、誰もが同じように使用できるよう、逸脱した量のデータ通信を行ったユーザーに対して、データ速度の制限を行います。どのように算出するかというと、直近3日間に利用したデータ通信の量で計算され、予め決められたデータ通信の容量を超えたユーザーに対して、速度を低下させた状態で通信を行わせる仕組みになっています。ここ3日間でのデータ使用量が一定の値を下回れば、通信制限は解除されます。動画を大量に観るなどしなければ、あまりひっかかることはないですね。mineoでは、料金プランによる規定値は決められておらず、Aプランは、すべてのプランで、直近3日間で1GBが規定値となっています。

マイネオ docomo回線プラン3日間制限0

格安スマホmineoのドコモ回線を利用する契約、Dプランでは、直近3日間の通信量による、3日制限はありません。日によって通信量が大きく変わるユーザーは、AUの回線を使うプランよりも、このドコモ回線のDプランの方が、3日制限について気にする必要なく使用することができます。その辺りも考慮されて、どちらのプランが良いか検討されるのが良いです。

mineo料金と初期費用

mineoの料金プランや速度について、解説していきます。現在契約中のスマホの料金と照らし合わせながら、月々の利用額がどれくらい安くなるのか、読んでみて、あなたの考えをまとめる手がかりとして下さい。どれぐらい節約できるのか、月額費用と初期費用をチェックしてみましょう。

mineoの月額プラン

mineoのプランは、データ通信だけのSIMと、音声通話ができるSIMとでは、料金に違いがあります。070/080/090といったナンバーが音声通話SIMで使用可能なので今使っているスマホと同じような使い方をしたい場合は、音声通話専用のSIMを選ばなければいけませんので注意が必要です。通話SIMの月額プランは、Aプラン(AU回線)が500MB:1,310円、1GB:1,410円、3GB:1,510円、5GB:2,190円、10GB:3,130円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MB:1,400円、1GB:1,500円、3GB:1,600円、5GB:2,280円、10GB:3,220円となっています。

データSIMの料金プランは、Aプラン(AU回線)が500MBで700円、1GBで800円、3GBで900円、5GBで1,580円、10GBで2,520円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MBで700円、1GBで800円、3GBで900円、5GBで1,580円、10GBで2,520円となっています。

mineoの解約手数料について

mineoの解約縛りと解約手数料、契約する前に、把握しておいてください。mineoは契約しているプランに最低利用期間を設定していない特色があるので、解約時に手数料がかからないという点があります。契約期間を気にせずに格安SIMを利用できる点で、大きな魅力を持つMVNOでしょう。ですが契約後1年以内のMNP転出に関しては、12420円の手数料が掛かります。mineoと契約する場合、その点は注意が必要です。

【今月のキャンペーン】

IIJmioの格安スマホ、速度や評判は?

みおふぉん料金プラン

IIJmioの月々の支払い方法や、通信速度について見ていきましょう。現在使っているスマホの月々の料金と比べると、IIJmioを使った場合に料金がどれくらい安く抑えることができるのか、ぜひ比べてみてください。それでは、早速、月額プランの詳細を見てみましょう。

IIJmioの料金

IIJmioのプランは、データ通信専用SIMと音声通話SIMの二種類があります。070・080・090という番号が音声用のSIMで利用できる番号で、大手キャリアと同じように携帯電話を使いたい人は、データ通信専用SIMではなく、通話SIMを選択することになりますので間違えないようにして下さい。音声SIMの料金は、ミニマムスタートプラン(3GB)で1,600円、ライトスタートプラン(5GB)で2,220円、ファミリーシェアプラン(10GB)で3,260円です。

データSIMの料金は、ミニマムスタートプラン(3GB)で900円、ライトスタートプラン(5GB)で1,520円、ファミリーシェアプラン(10GB)で2,560円です。

IIJmioの解約手数料について

みおふぉんの解約縛りについて、ご紹介していきます。IIJmioのデータ通信専用SIMを利用する場合は、最低利用期間は特に決まられていません。いつ解約しても、解約手数料は掛からないのが嬉しいですね。みおふぉんだと、12ヶ月の間は、違約金なしに解約できない決まりになっています。もし何らかの理由により12ヶ月に満たない間に契約を解除する場合は、違約金として9,000円支払う必要があるので注意して下さい。キャリアと違うのは、縛り期間が自動更新されない点で、13か月以降に解約した場合は、違約金が掛からないというメリットがあります。

IIJmioの通信速度について

みおふぉんは、MVNOの中でも人気の一つで、docomoの225MbpsのLTE回線を使用したサービスです。docomoの回線を利用しているため対応エリアの広さ、回線速度には安心感があります。通信速度の安定性が高いようなので、ネットで公開されている感想などを読んでみても、良い点が多く書いてあるので、かなりの高評価を受けているようです。「安い、なお且つ、速い」格安スマホをお探しの方には、IIJmioは最適だと思います。

IIJmioにおける速度制御

IIJmioでは、低速通信時のみ、直近72時間の通信利用量に応じて、帯域制限が掛かる場合があります。しかし、高速通信を利用している場合には、その規制の対象にはなりませんので、安心できますね。どの利用者も平等に通信できるようにするため、データ通信を多く使用したユーザーの速度を制限しています。どのように算出するかというと、直近3日間に利用したデータ通信の量で計算され、定められた容量をオーバーしたユーザーに向かって、速度制限措置が取られます。200Kbpsの速さとなります。ここ3日間でのデータ使用量が一定の値を下回れば、通信制限は解除されます。通常利用している程度であれば、規定量を超えることはそれほどないと思います。

IIJmioの特色まとめ

株式会社インターネットイニシアティブが皆様にご提供している格安SIMおよび格安スマホの「みおふぉん」を紹介したく思います。株式会社インターネットイニシアティブは、格安SIMサービスが開始された時から営業を開始しているため、格安SIMが登場した頃から利用している人であるならば、IIJmioの名称で知られるサービスを知らないという人はほどんといないでしょう。2015年に実施された格安SIMアワードの顧客満足度調査の総合部門で最優秀賞を受賞しているMVNOで実力は折り紙付きです。ブランドイメージや充実した顧客のサポート体制がプラスとなり、受賞に結びついたのでしょう。そんな訳で、今回は、IIJmioのすべてを網羅したまとめになりますので、IIJmioのすべてがご理解頂けるかと思います。

docomo回線を使った格安スマホ

IIJmioはドコモの回線を使っているMVNOのひとつです。スマホを利用する以上は、通話の品質などは重要ですが、もちろんそれはドコモと殆ど変わりませんし、大手キャリアに見劣りすることなく、広範囲で安心して使えます。また、docomoのスマホを使っていたら大概の場合そのままIIJmioのSIMを使うことができます。もちろんIIJmioを契約する際にセット販売されているSIMフリーのスマートフォンをセット購入する事もできます。また、docomoのスマホを引き続きご利用いただく場合には、SIMカードのみの契約でOKですので、また高い本体代を支払って、スマホを購入しなくても良いというのは嬉しいですね。docomoの回線を利用しているため、安定したサービスを提供することができて、料金も価格と大変お得なサービスとなっております。

話題のバースト機能│低速時がより快適に。

IIJmioには高速通信ができるバースト機能という便利な機構がついています。名前だけではどのような機能かわからないと思うのでご説明します。バースト機能は、低速通信中でも初めの1?3秒間は高速通信を行うことで、ウェブページなどの表示速度を、スピードアップさせる機能です。このおかげで、低速通信になっても表示されるのが高速になるので、画像などの読み込みに時間がかかるというストレスが軽減され、スムーズにインターネットが使えますので、IIJmioならではの仕組みといえるでしょう。しかし、現在のところバースの機能の恩恵を受けれれるのは、IIJmioとIIJmioのユーザーに限られています。

データ容量の翌月繰越しにも対応

スマホのデータ通信量は契約プランによって違ってきますが、使ったデータの量が少なく、月によってはかなり残ってしまうこともあるかと思います。しかしIIJmioであれば、使用せずに残ったデータ容量を翌月に加算してお使いいただけるようにしました。こういったサービスに対応していないMVNOも多いため、データ容量を持ち越せるという点では、IIJmioの大きな武器でもあります。月額利用料も安いのですが、データ容量も無駄なく使い切りたいですよね。

夫婦+子どもでも大丈夫!SIMカード10枚対応

IIJmioのファミリーシェアサービスでしたら、SIMカードが最大で10枚まで追加することが出来ます。大家族でも二世帯家族でも、スマホにタブレット、みんなまとめてIIJmioに乗り換えてしまえば、今お使いの携帯代金との価格差額の結果は衝撃の価格になります。家族全員分の携帯代を考慮すると、かなりの節約効果を享受出来ることでしょう。格安スマホを上手く利用してスマホ代を節約してみるのもいいと思います。サポートの評判が良いIIJmioですので、格安スマホに不安のある方も電話サポートで安心です。有害サイトや不正アプリから守ることが出来るみまもりパックをつけていただければお子様用のギッズスマホとしても安心してご利用いただけます。

IIJmioの評判について

IIJmioのいいところといえば、サポート満足度が高いことと、MVNOの老舗ブランドであるという点があります。また、2015年に行われた格安SIMアワードの結果の通り、顧客満足度の高さは間違いないものであると考えられるでしょう。困った事があれば、電話で丁寧に対応してくれるので、これから格安スマホを始める方でも、なんら心配なく格安スマホ生活を始めていただけますよ。いかがでしょうか。

手厚いサポートと安定した実効速度が動画視聴にも

口コミによるとIIJmioの評判が良いのは、安定感のある通信速度と、手厚いサポート体制が好評のようです。株式会社イードの利用者の満足度のデータからも分かるように、総合分野で最優秀賞を受賞するというのは顧客満足度が最も高いということです。そのためIIJmioは格安スマホを選ぶ時におすすめのMVNOの一つになるでしょう。他の多くのMVNOの中でも、根強いブランド力と信頼性に定評のあるMVNOです。ユーザーの口コミで評判や評価も良いMVNOですので、今後、格安スマホや格安SIMの購入を検討している方には、候補の一つのMVNOになるでしょう。

【IIJmioのキャンペーン情報】

DMMmobileの格安スマホ、速度や評判は?

DMMモバイルとは?

DMMモバイルは安さを売りにしているMVNO業者の一つですが、オンラインゲームで有名なDMM.comが運営する格安スマホのサービスです。人気の一つに業界最安値打ち出し、他社格安SIMサービス会社と比較しても、各プランとも最安値にと言えます。とにかく利用料を安く抑えたい方にはおすすめの格安スマホです。また、通信は高い水準で安定しており、速度も速く、ネット接続が快適に行える格安スマホサービスであると高い評価を得ています。というわけで、今回は、DMMモバイルのキャンペーン情報からMNP情報まで、すべてをまとめました。少しお付き合い頂ければと思います。

docomo回線の格安スマホ!

DMMモバイルは格安でスマホを使えるサービスです。docomoの回線を使用しています。そのため通話している時もdocomo同じ品質で、サービスの提供できるエリアもdocomoと同じく広範囲ですので安心して利用することができます。対応している機種は、docomoのスマホであるならばその大半がDMMモバイルでも使用可能です。また、端末はdocomoから買わなくてはならない訳ではなく、DMMモバイルからSIMフリースマホセットで購入することもできます。すでにNTTドコモのスマホを所持されている方であれば、契約はSIMカードの分だけでOKですので、乗り換えに大きな費用をかける心配もなく、スムースに移行できるのも魅力でしょう。docomoの信頼感や広範囲の通話環境などを考えて安心して、格安契約できるということでお得な情報ですよね。

iPhoneが24回払い出来る

DMMモバイルの最大の特筆すべき点は、iPhoneの分割購入が可能なことです。MVNO事業者の多くは、海外製の格安SIMフリー端末を主に取り扱っており、iPHoneはほとんど扱われていないというのが現状です。DMMモバイルの場合、最新のiPhone6もセット販売されていて、iPhoneを分割払いで入手したい場合は、やはり、DMMモバイルということになります。MVNOでiPhoneを買いたいと思うのであれば、是非、DMMモバイルの申し込みを検討してみてください。ただし、人気商品のiPhoneは売り切れになっていることが多いので、こまめにチェックして、逐一チェックをして、すぐに購入希望を出す必要がありそうです。

余ったデータ容量の繰り越し対応してます。

通信データの容量はプランごとに異なりますが、実際にはあまり利用せず、データ使用量が残ってしまうという時もあると思います。しかしDMMモバイルであれば、このような場合にも、使わずに余ってしまったデータ通信量を、翌月に繰り越すことが可能です。データ量が残っても次の月に持ち越せない仕組みになっているMVNOもあるので、残量を次の月に引き継げるのは、DMMモバイルの大きな利点です。格安スマホといえど、月々のデータ通信量も無駄なく使いたいものですよね。

オンラインで即日MNPに対応!

DMMモバイルには色々な魅力がありますが、その1つは即日MNPに対応している事です。DMMモバイルには、転?時の不通期間を解消する「MNP届け出方式」というものがあり、手続きがオンライン上での簡単なもののみで済み、空白期間なくMNPが利用できます。今までこの不通期間が嫌で即日MNPをしようと思っても店頭へ出向く必要があったことと、受け付けてくれる店舗も少なかったのですが、今では、自宅でも旅行先でも、どこででも即日MNPができるようなりました。その結果、携帯の使えない期間がなくなり、他社からの乗り換えを諦めていた方も、これなら大丈夫なのではないでしょうか?手続きは、自宅にSIMカードが到着したら、DMMモバイルのマイページで。回線切替というボタンをクリックするだけです。誰でも簡単にできる手続き方法なので、格安スマホへの乗り換えが一層しやすくなっています。

業界最安値なのに、更に、DMMポイントを毎月還元

DMMモバイルでサービスを契約している期間においては、毎月の利用金額の10%がポイントバックされるという、DMMならではのオトクなキャンペーンを実施しています。月額料金はもちろん、通話料やSMS送信料なども対象となるので、10%も還元されるというのは、驚きのお得なキャンペーンだといえます。月々の料金も屈指の安さを誇っているDMMモバイルなのに、ポイント還元率が10%という、月々の費用的な面から見ると、非常に割のいいMVNOといえます。月々の料金を見直したい人にとっては、頼もしいサービスです。

バースト機能│低速通信時も快適

DMMモバイルの独自機能に、バーストという機能が採用されています。そこでバースト機能が、どのような機能であるかを説明します。バースト機能というのは、低速通信をしているときに最初の数秒間だけ高速で通信を行うことで、サイトがすべて表示されるまでの時間を短縮させることができる機能です。このバースト機能によって、低速通信状態でも表示する速度が早くなるので、待ち時間やストレスを感じることなく、ストレスなくインターネットが利用できるので、DMMモバイルが選ばれる大きな理由になっている機能です。バースト機能は、DMMモバイルとIIJmioだけが採用している機能です。

DMMモバイル口コミ

DMMモバイルのメリットを挙げるなら、高速通信を安定して利用できる点と月額費用の安さではないでしょうか。満足できる実効速度で通信しつつも月額料金を安くおさえたいという方には、DMMモバイルが最も適したMVNOです。口コミなどでも評価の高いところは、料金の安さと速度の速さの二点のようです。

速度が速いのがうれしい!

DMMモバイルに対する口コミやレビューの多くは、高速通信の安定、実行速度の速さです。業界最安値水準の月額料金にもかかわらず、高速通信にも定評があるとのことで、DMMモバイルはとても人気があるようです。また、DMMポイントが10%還元されるという事もあり、価格と通信速度、両方を求める方にとっては、最も注目すべき格安SIMと言えるでしょう。とても利用しやすい DMMモバイルでスマホ生活をエンジョイしてはどうでしょうか。

通信速度

MVNOの中でDMMmobileは、docomoの4GLTE回線を使用しています。つながる範囲や回線スピードには、docomoの回線ならではの信頼感があります。また、実効速度も高速で安定していて、業界の評判、評価においても、好評価を得ています。通信速度が速くて安定感のあるMVNOを利用したいのなら、DMMモバイルは、おすすめなMVNOと言えるでしょう。

DMMモバイルでの通信制限

DMMモバイルでは、直近3日間に低速通信をしている利用している場合、その通信量に伴って速度制限の対象となることがあります。高速通信を利用ちゅうにおいては、三日間の制限はかかりません。私どもと契約していただいた方が気持ちよく同じ通信環境でやりとりできるように、逸脱した量のデータ通信を行ったユーザーに対して、データ速度の制限を行います。具体的には3日あたりの通信容量が、規定容量を超過したユーザーに対して、速度制限が実施されます。直近3日間の利用量が、決められた値よりも下がれば、自動で解除されます。通常の使用量であればまず引っかかることはない制限にはなります。

DMMモバイル月額と解約

DMMモバイルの料金プラン、通信速度などについて紹介します。今、月々いくらぐらいスマホ代がかかっていますか?どれだけ通信費が抑えられるか、確認してみてください。早速、月額料金と初期費用をチェックしてみましょう。

DMMモバイルの料金と初期費用

DMMモバイルのプランは、SIMは大きく2つに分類する事ができ、データ通信だけのものと、データ通信と音声通話のものに分かれています。070/080/090番号を使う場合には、音声SIMを選ぶことになるので、以前の携帯電話番号を利用したい時には、データ専用SIMでなく、音声通話SIMを選択する必要があります。音声SIMの料金は、ライトプランで1,140円、1GBプランで1,260円、2GBプランで1,470円、3GBプランで1,500円、5GBプランで1,970円、7GBプランで2,560円、8GBプランで2,840円、10GBプランで2,950円、15GBプランで5,270円、20GBプランで6,790円です。

データSIMの料金プランは、ライトプランで440円、1GBプランで590円、2GBプランで770円、3GBプランで850円、5GBプランで1,210円、7GBプランで1,860円、8GBプランで2,140円、10GBプランで2,190円、15GBプランで4,570円、20GBプランで6,090円となっています。

DMMモバイルの契約縛りについて

DMMモバイルの違約金について、説明していきます。データSIMは、いつからいつまで利用しなければならないという決まりが、DMMモバイルにはありません。つまり、いつ解約しても余分な手数料は必要ないということです。音声通話SIMに限っては、12ヶ月間は利用しないと解約手数料がかかります。12ヶ月以内に解約をした場合は、違約金の9,000円を支払わなければなりません。キャリアと違うのは、縛り期間が自動更新されない点で、決められた期間内さえ過ぎれば、お好きなタイミングで違約金を払わず解約できるのは有難いです。

【開催中のキャンペーン】